最近の日本のニュース
------------------------
(n-ro 449, 2022.9.125)
------------------------

"女性の理工系進学を政府が支援
"

政府が大学で理工系に進む学生、特に
女性の支援に本腰を入れ始めました。

近年、ITなどの分野では理系人材の
ニーズが高まっており、経済産業省
の試算では2030年に最大70万人不足
します。

総務省の2021年労働力調査による
と、IT企業を含む情報通信業の就業者
256万人のうち、女性は74万人と3割に
満たず、このギャップを埋めるには女
性技術者の育成も急務になっています。

しかし経済協力開発機構(OECD)の
2019年の調査では、日本の大学で女性
が理工系分野に進む割合は7%で、加盟
国では最低レベルです。

そこで政府は9月2日、現在35%の理系
専攻の大学生を5割に引き上げるため
の工程表を発表しました。その記者会
見で永岡桂子文部大臣は、特に女性の
理系選択に力を入れる方針を示しました。

内閣府でもこうした政府の方針を支援す
るため、女子中学・高校生の理系選択
を後押しするイベント「リコチャレ
(理工チャレンジ)」を行っています。

このイベントの一環で、兵庫県たつの市
では、夏休み中のある日、女子中学生が
地元の兵庫県立大学の理学部キャンパス
や研究機関をバスで巡りました。

経団連でも会員の企業・団体に「リコ
チャレ」イベントへの参加を呼び掛けて
おり、今年の「夏のリコチャレ」に富士
フィルムや旭化成の民間企業が参加し
ました。
-------------------------------------

エスペラント歳時記
(298) 風花(カザバナ)
===
晴れていて青い空に、雪がちらちらと
風に舞うように降ること。俳句では、
儚く美しい光景として詠まれていま
す。

*エスペラント版に移る