Bonvenon al mia hejmpaĝo!/
Welcome to my homepage!

心身ともに健康であるかぎり、毎日更新することにしています。

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター

ツイッターも始めました。こちらでご覧下さい
フェイスブックも始めました。こちらをご覧ください。
This Kazumi OKITA's website is also written in Esperanto
in order to demonstrate that Esperanto has been used in actual
communication as an international language as well as English.

No.3206 (2017.1.22)
by Kazumi OKITA
エスペラント語版→Esperanto


最近の出来事(2017.1.15)

”ドローンでザンビアの医療を支援"

国立国際医療研究センターが、JICA、民間
企業の協力を得て、アフリカ南部ザンビアで、
高速での長距離飛行が可能な最新鋭の国産
小型無人機(ドローン)を使って医療支援
に乗り出すことになりました。

ザンビアはエイズウィルス(HIV)の感染率が
国民の13%と世界で7番目に高く、同センター
は2006年から、同国の広範囲に医療スタッフ
を派遣しています。

しかし首都ルサカなどの都市部以外の集落で
は、雨期に道路が水没すると、医療品の輸送
に数日かかり、その対策としてドローンへの
期待が高まっていました。

4月に南部州で計画している試験飛行では、
都市部の大きな病院を拠点に、ドローンに
エイズ検査キットなどを積んだ後、数十キロ
離れた集落まで十数分で自動航行させ、訓練
を受けた現地のスタッフに積み荷を届けるこ
とになります。復路は患者の血液などの検体
を病院に運びます。

現在の航続時間は10分程度ですが、実用
化までにバッテリーを改良し、最大1時間ま
で延ばし、年内の全土での本格的運用を目
指しており、いずれは周辺国でも展開させた
い考えです。

ドローンの開発と運用は「エアロセンス」社
が受け持ちますが、この会社は2015年にソニ
ーが「空」の領域に進出するために設立した
会社です。すでにドローンの民生品の世界占
有率は約7割を中国企業が占めており、国産
ドローンが追随します。

同センターでは今回の支援について、「電気
や水道がない集落でも簡単に検査ができるキ
ットの開発を国内企業と進めている。ドロー
ンも含め、国産技術による医療支援を充実し
たい」と語っています。

---------------------------------------
歳時記

(179)初釜
===
新年最初に開かれる茶会を「初釜」と言い
ます。茶室には新春にふさわしい掛け軸
や生け花が置かれます。

------------------------------------
2020年東京五輪のための関連用語集

(169:野球・ソフトボール編:16)
インコース (inside)

===
打者の近くにきた投球を「インコース
(内角)」と呼びます。

(私が参加している会のページです)
  二土会のページ


二木紘三のうた物語

(累計アクセス数3,700万回を超える人気サイト。
日本・外国の歌を聴けるだけでなく、歌にまつわるエピソード、思い出も読みことができます)


フェリス・音楽グループ 追っかけ記
               (現在作成進行中)