Bonvenon al mia hejmpaĝo!/
Welcome to my homepage!

心身ともに健康であるかぎり、毎日更新することにしています。

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター

ツイッターも始めました。こちらでご覧下さい
フェイスブックも始めました。こちらをご覧ください。
This Kazumi OKITA's website is also written in Esperanto
in order to demonstrate that Esperanto has been used in actual
communication as an international language as well as English.

No.3267 (2017.3.24)
by Kazumi OKITA
エスペラント語版→Esperanto

最近の出来事(2017.3.19)

"ピースサインは危険"

ピースサインは、ボディーランゲージの一種で、
日本では、笑いながら顔の近くでV字を外に向
かって作るしぐさです。

しかしイギリスなどでは「V」の形が「Victory
(勝利)」を意味するため、世界大戦中などは
「Vサイン」と呼ばれることが多く、その後ベト
ナム戦争時などには平和を祈るサインとして
も用いられました。

このピースサインは、日本においては特に撮影
時のポーズとして、楽しさ、喜び、親愛の情を
示すものとして多く使われてますが、「カメラ
に何げなくピースのサインをするだけで、指紋
が出回ってしまう」と、国立情報学研究所の
越前功教授は警鐘を鳴らしています。

つまり顔と手を一緒に撮影した写真をネットに
掲示すると、個人と指紋を特定される恐れがあ
るからで、画像が出回る著名人は特に狙われる
危険性が高い、と同教授は述べています。

国立情報学研究所の実験では3メートルの距離
で撮影した画像でも指紋を読み取れることが
判明しており、「自撮り」のピース写真をネッ
トに掲示すると、簡単に盗まれてしまいます。

現在、スマートフォンの認証には指紋のほか、
顔の画像、目の虹彩なども利用されており、
こうした生体情報は行政機関や企業の入退室
管理にも利用されています。

これまで個人の生体情報を盗み取るには従来、
その人に接近して撮影する必要がありましたが、
生体情報がネット上に出回るようになったこと
で、今後それを悪用した犯罪が出てくることが
危惧されています。

越前教授は「指紋などの生体情報は終生
変えることができないので、どう守っていく
か啓蒙していきたい」と話しており、現在
研究所で、指紋の盗撮防止技術を開発し、
実用化を目指しています。

---------------------------------------
歳時記

(188)卒業証書

===
学校が定める教育課程を修了したことを
示す書類で、卒業式で卒業生に渡されます。

------------------------------------
2020年東京五輪のための関連用語集

(175:スキー・ジャンプ編:2)
テレマーク(telemark)

===
両足を前後にずらして膝を曲げ、
両腕を広げる着地時の姿勢を指します。

(私が参加している会のHPです)
  二土会のページ


二木紘三のうた物語
(累計アクセス数3,800万回を超える
人気サイト。日本・外国の歌を聴ける
だけでなく、歌にまつわるエピソード、
思い出も読みことができます)


フェリス・音楽グループ 追っかけ記
(コンサート・イベント・舞台等出演、マスコミ登場等)

フェリス・音楽グループ・
知り合いメンバー・今後の出演予定